> DJ PMX

DJ PMX

(ディージェイ・ピーエムエックス)

日本のヒップホップが産声を上げた1980年後半から、数多くのアーティストをプロデュース。アメリカ西海岸のヒップホップの影響を受け、JAPANESE WEST COAST HIPHOP(ウエッサイ)の基盤を、MCのKayzabroと共に活動するDS455のメンバーとして構築。80年代からシーンの中核で活躍する、日本では数少ないヒップホップ・プロデューサー。その集大成として2008年6月、初のソロアルバム『THE ORIGINAL』を発売。“夏に聴ける新しいウェッサイ・サウンド”をテーマに制作され、日本のヒップホップミュージシャン、R&Bシンガーら総勢30組が参加した同作は、メロウでクラシカルかつキャッチーで、“日本のヒップホップ・クラシック”として絶大な評価を獲得した。さらにAK-69、BIG RON、HI-D、OZROSAURUS、ZANG HAOZIなどの曲も手掛けるなど、幅広い人脈と確かなプロデュースワークはアーティストからも評価が高い。また、新人の発掘と制作を請け負うトータルプロデューサーとしての手腕も高い評価を受け、BIG RON、OZROSAURUSに続き、東京S.T.Mの一員であるKOZのフルプロデュースも手掛けた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版