>  >  >  > DJ Hondaの情報

DJ Hondaの情報

(ディージェイ・ホンダ)

イチロー(プロ野球選手)が「h」マークのベースボール・キャップを被っていたことからちょっとしたブームとなり、ロゴ・マークだけが一人歩きしてしまったDJ HONDA(作品の売上にはそれほど繋がらなかった……)。
彼は82年からDJのキャリアをスタートさせる。92年には、アメリカのDJバトルにおいて準優勝を果たし(ちなみに優勝者はビースティ・ボーイズのDJであるミックス・マスター・マイク)、本場のアンダーグラウンド・シーンから絶大なリスペクトを受けた。その後94年に単身渡米、ニューヨークを拠点にトラック・メイカーとしての活動を本格的に開始する。そして翌年、アフリカ・バンバータ、ビズ・マーキー、ギャングスターといった超ビック・アーティストを集めて制作されたアルバム『DJ HONDA』をリリース。長きに渡るDJキャリアの中で吸収してきたさまざまなジャンル——オールドスクール、イースト/ウエストコースト、ハードコア、果てはダンス・クラシックまで……にアプローチした色彩豊かなサウンドは、ヒップホップ・リスナーの食指を動かすに充分だった。
97年にリリースされた「Travellin' man」は、アジア人アーティストとして初めてビルボード・ラップ・チャートに食い込む——この実績は、同じ日本人として誇るべきだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版