> DJ HASEBE

DJ HASEBE

(ディージェイ・ハセベ)

常にクオリティの高いヒップホップ/R&B作品を創出し、今やシーンに欠かせない存在となったDJ HASEBE。19歳から本格的にDJ活動を開始している。
96年にトラック・メイカーとして、ZEEBRA、MUMMY-D(RHYMESTER)をフィーチャーした初のプロデュース作品「アイスピック」を発表。シリアスなリリックと少ない音数で勝負する、タイトなトラックを披露した。さらに同年、AIKOと結成したユニットSugar Soulのミニ・アルバム『Those Days』では、後味スッキリなメロウ・グルーヴを携えたヒップホップ・オリエンテッドなR&Bチューンを創作。それらの楽曲群が、後にブームとなるジャパニーズR&Bサウンドの方向性を決定づけたのだ。そして98年にリリースされた本人名義による1stミニ・アルバム『adore』以降、プロデュースやリミックスの依頼が殺到し、Chara、バック・ドロップ・ボム、m-floを始めとした多くのアーティストの作品を手掛けていく——DJ感覚をフルに活かしたフロア志向のビート感溢れる音作りや、洗練された中にも温かさを潜ませた心地よいサウンドを展開した。まさに、それこそが”DJ HASEBEサウンド”の確立であり、日本中を席捲していくこととなる。
現在、完全に波に乗ったHASEBEは、多くのDJ業とプロデュース業を平行してこなすハーデスト・ワーキング&人気ぶりをみせている。

DJ HASEBEの記事
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版