> Dirty Pretty Things

Dirty Pretty Things

(ダーティ・プリティ・シングス)

現代のUKロック・シーンを代表するバンドの1つであったリバティーンズ解散後、メンバーのカール・バラーとゲイリー・パウエルを中心にダーティ・プリティ・シングスは結成された。リバティーンズ時代は良くも悪くも、ヴォーカリストであったピート・ドーハティのロック・スター然とした破廉恥な言動が話題の中心に上ることが多かったが、このダーティ・プリティ・シングスを聴けば、リバティーンズ・サウンドを下支えしていたのはこのカール・バラーという男であったのだな、と誰もが認識するだろう。リバティーンズのような華やかさを残しつつも、パンク調の力強いビートにUK特有のグルーヴ感をも併せ持つそのサウンドは、リスナーの脳幹にダイレクトに響く。『ウォータールー・トゥ・エニウェア』(06年)。この新バンド誕生の地をタイトルに冠した、カールの決意を感じさせる力強い意欲作である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版