> Diamond Head

Diamond Head

(ダイアモンド・ヘッド)

スラッシュ・メタルの父、そしてNWOBHM(ニューウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル)の代表選手として知られるダイアモンド・ヘッド。メタリカ、メガデスなど信奉者は数知れず存在し、彼らがシーンに与えた影響力は計り知れない。しかし、バンド存続中にスターダムを駆け上がることは、残念なことに結局一度もなかった。インディー時代より、演奏力の高さ、楽曲の完成度で注目の存在であった彼らは、82年に1stアルバム『LIVING ON…BORROWED TIME』をリリース。様式美に裏打ちされたレッド・ツェッペリン風正統派英国HRを展開。とくに、へヴィかつトリッキーなリフを基調とした楽曲構成は、80年代後期のメタリカ躍進の礎となった。結局計2枚のアルバムを残し、解散。
その後、スラッシュ・メタル・ムーヴメントに呼応するかのごとく93年、アルバム『デス・アンド・プログレス』にて復活するが、すぐさま頓挫してしまう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版