> ディアマンテス

ディアマンテス

(ディアマンテス)

91年に日系ペルー人のアルベルト城間と沖縄在住のボブ石原らによって結成され、94年にデビュー。沖縄らしい陽性気質とラテンの要素を色濃く反映した音楽性を打ち出し、日本のポップ・シーンに新風を送り込んだ。特に、サッカー・ワールドカップ・フランス大会の日本代表選手への応援歌となった「勝利のうた」を知らない人はいないだろう。しかし、そうしたポジティヴ・ソングは彼らの一面にしか過ぎず、デビュー・シングルの「ガンバッテヤンド」では在日外国人労働者の苦難をストレートに描いている。こうした社会派の側面とカーニヴァル・バンド的な体質が、いい按配で混血されているのがこのグループの魅力といえよう。
現在は3人組として活動している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版