> Devil In A Woodpile

Devil In A Woodpile

(デヴィル・イン・ア・ウッドパイル)

まるで密造酒で酔っぱらったかのような気分にさせるルーツ・カントリー・ミュージック。彼らの魅力は伝統的なアメリカ音楽に奇抜さや個性を絡め、新しい音楽を作り出しているところにある。ウォッシュボード、ハーモニカ、水差し、テューバ、ウクレレ、ナショナル・スティール、アーチ・トップ・ギター、スタンド・アップ・ベースなどの素朴な楽器を使い、78rpmのレコードのロー・フィデリティな音に似た、遠くから響くザラザラした感触の音を聴かせる。ザ・ボトル・ロケッツとワコ・ブラザーズのメンバーが集まり結成された。ヒルビリー・ミュージック、ブルー・グラス、ラグタイム、ブルース、カントリーというあらゆるジャンルの音楽がミックスされた渾然一体な世界には、アルコールで焼けたような声が良く合う。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版