> Dave Mason

Dave Mason

(デイヴ・メイソン)

R&Bフィーリングあふれるロック・グループ、トラフィックのギタリスト兼ソングライター、デイヴ・メイソン。彼は、バンド結成からわずか1年でグループを脱退(その後、幾度か再加入/脱退を繰り返している)。母国イギリスからアメリカへと移住し、スワンプ・ミュージックに急接近していく。70年、『Alon Together』でソロ・デビュー。ほんのりビターでソウルフルなヴォーカル/清々しく美しいメロディ/心地好いレイド・バック感に満ちたサウンド……が織り成す耳馴染みの良いナンバーは、多くのロック・リスナーから高評価を獲得する。その後の『Split Coconut』(75年)、『Let It Flow』(77年)も、アーシーなテイストを絶妙に取り込み、ウエスト・コースト・ロック・シーンを代表するアルバムとなったのだ。
近年においてもハート・ウォームなサウンドとエモーショナルなギターは健在であり、精力的に活動を展開している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版