> Dave Koz

Dave Koz

(デイヴ・コズ)

ここ数年、再び活発になってきつつあるスムース・ジャズの王道を歩むサックス奏者。90年に自分の名前を冠したアルバムでデビューを果たし、いきなり全米コンテンポラリー・ジャズ・チャートに25週間ランクインするというヒットを記録している。ケニー・Gをもう少しファンキーでソウルフルにしたサウンドと、既存のヒット曲をフュージョン風にアレンジするという手法は幅広いオーディエンスに受け入れられており、またセッション・プレイヤーとしても非常に人気が高い。アメリカでは90年代半ばに人気コメディアン、アーセニオ・ホールの番組にレギュラーとして一時期出演しており、それによって知名度を大幅に高めた。技術的、あるいは音楽的に特筆すべき存在ではないが、故グローヴァー・ワシントンJr.やデヴィッド・サンボーン、カーク・ウェイラムなどといったアダルト・コンテンポラリー・サックス奏者たちの系譜の中にしっかりと自分のポジションを確保しているアーティストである。 (近藤 陽)

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版