> Dave Brubeck

Dave Brubeck

(デイヴ・ブルーベック)

「1・2・3/1・2」という4分の5拍子で「ズーチャッズチャン/ズーチャン」とコードを叩き鳴らす——その昔、『アリナミン・V』のテレビCFで有名になった「テイク・ファイヴ」という曲だ。知っている人も多いかもしれない。あのジャズ・ムード120%の演奏がデイヴ・ブルーベックの真骨頂。スタイルはクール・ジャズといってイイだろう。
クール・アルト・サックス界名誉会長のポール・デスモンドと51年〜68年までカルテットを結成し、その間つぎつぎとミリオン・セラーを記録。一般的に最も人気の高いジャズ・グループのひとつになった。その解りやすさ爆発の演奏で大学/高校でも人気が高かったらしい。
バリバリのスウィング感を表には出さず、チョット引き摺るような重量感あふれるブロック・コード主体のピアノと、そのピアノ上にポンと乗るユッタリとまあるい、まるで鼻歌のようなデスモンドのアルト——この、ふたつのコンビネーションが絶妙の味わいを醸し出すのだ。特に前述のナンバーの入った『タイム・アウト』や、昼下がりのティー・タイムにでも聴きたい、全編ディズニー・ナンバーをとりあげた『デイブ・ディグス・ディズニー』などはマスト・アイテムと云える。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版