> Daryl Hall & John Oates

Daryl Hall & John Oates

(ダリル・ホール・アンド・ジョン・オーツ)

こんなことを言っては申しわけないが、ホール・アンド・オーツのジャケ写&ファッション・センスはダサイと思う……。そんなヴィジュアルとは裏腹に、80年代において「全米最強のデュオ」とまで言われた、ブルー・アイド・ソウルの立役者としての彼らの功績は計り知れない。
ダリル・ホール(vo&key)、ジョン・オーツ(vo&g)によって70年に結成され、当初はフォーク・デュオとしてそのキャリアをスタートさせたホール・アンド・オーツ。74年、トッド・ラングレンをプロデュースに迎えた3rdアルバム『ウォー・ベイビーズ』でポップ/ロック/ソウルのテイストをほどよくブレンドした、ブルー・アイド・ソウルと呼ばれるサウンド・スタイルにアプローチ。そして翌75年、<RCA>への移籍を機に彼らのソングライターとしての才能が大きく開花、「サラ・スマイル」「リッチ・ガール」「プライヴェート・アイズ」など多くのAOR〜ブルー・アイド・ソウルのナンバーたちをヒット・チャートへと送り込む。そんな彼らが大きな支持を得たのは、ふたりの醸し出す爽快なヴォーカル・ハーモニーはもちろんのこと、フィリー・サウンドに代表されるような黒人音楽からの影響をアーバン・ポップスへと昇華させた点だろう。作品を重ねるごとに作風のマイナー・チェンジはあるが、特有のホール・アンド・オーツ節は今日まで健在である。
85年以降は活動休止や各自ソロ活動専念などからデュオ存続の不安も募るが、ファンとしては彼らから風の便りのように音作品が届けられることを待つばかりである。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版