> Daniel Moore

Daniel Moore

(ダニエル・ムーア)

その筋のマニアにはたまらない存在。70年代のL.A.スワンプ・シーンを、セッション・ミュージシャンからプロデューサーまで、裏方として支え、ソングライターとしてもスリー・ドッグ・ナイトのヒット曲「シャンバラ」で知られるダニエル・ムーア。
ソロ・デビューを飾ったのは71年。アルバム『ダニエル・ムーア』では、それまでに培ってきた人脈をフル活用し、一大ゴスペル・ロック絵巻を繰り広げた。が、もともと上昇志向の強い人ではないらしく、以降は音沙汰がプッツリ……。
しかし、98年に復活を果たし、ひっそりとアルバムをリリース。他アーティストに提供した曲のセルフ・カヴァーを中心とした、カントリー寄りのいなたいサウンドを聴かせた。あの朴訥として親しみが湧くような歌声は健在。往年のファンにはたまらない内容だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版