> Daisy Chainsaw

Daisy Chainsaw

(デイジー・チェインソー)

パンク、グランジ、ゴス、ポップ……このバンドの音を言い表すには幾つものキーワードが必要だ。ファズのかかった特徴的なベース、エッジのきいたギター。ブチ切れた疾走感を見せるかと思えば、ダルめな曲調でどんよりした空気感を醸し出す。彼らの魅力はフレキシブルに方々へ行き切るサウンドと、ルックス的にも華のあるケイティ・ジェーン・ガーサイドの、可憐さと狂気的な凄みを併せもつヴォーカリゼイションにある。
バンドが結成されたのは90年。最初は男ばかりでGOLDILOCKS&THE BEARSというバンドをやっていたが、ケイティが加入してオリジナル・メンバーが揃う。91年にバンドのレーベルから出した1stマキシ・シングル「Love Sick Pleasure」がジリジリとインディーズ・チャートを上昇し、発売2ヶ月後に1位を獲得した。92年にはアルバム『ELEVENTEEN』をリリース。しかし本作を携えての来日を果たした直後、早くもケイティが脱退してしまう。94年には、ベリンダという新しい女性ヴォーカルを迎えて2ndアルバムを制作したが、結局、バンドは詞・曲を手掛けていたギターのクリスピン・グレイがヴォーカルをとり、それと同時にディジーQヴァイパーと改名した。
デイジー・チェインソーとしてはかなり短命だったが、99年に入ってヴォーカルのケイティとギターのクリスピンが再びバンドを結成。Queen Adreenaとして活動している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版