>  >  >  > Count Basieの情報

Count Basieの情報

(カウント・ベイシー)

20世紀において、デューク・エリントン楽団とともにビッグ・バンド・ジャズの王座に君臨してきたカウント・ベイシー楽団の中心人物。1904年、ニュージャージー生まれ。35年に自らの楽団を旗揚げ、翌年にはナショナル・ツアーを敢行。37年のデッカ・レーベルで録音された名演の数々は、たちまちベイシー楽団の名を国際的なものにした。また、この楽団の演奏スタイルは、「最も経済的」と評されていた。それは、シンプルだが絶妙なタイミングをもって繰り出されるベイシー自身のピアノを中心に構成され、カンザス・シティ・ジャズ伝統のスウィンギーなリフを繰り返すナンバーだけにとどまらず、ヒット曲やオリジナルもレパートリーに加えるというものだった。さらに、オール・アメリカン・リズム・セクションと称されたリズム隊に乗って、バック・クレイトン(ts)、ハリー・エディソン(tp)、レスター・ヤング(ts)がソロを取り、ジミー・ラッシング、へレン・ヒュームズが歌う。——素晴らしいスター・ソリストを擁して、名実ともにバンドの黄金時代を築き上げたのだ。40年代末には一時バンドを解散するが、51年に再編成。若手のアレンジャーを起用し、以前にも増して大きな名声を獲得した。60年代以降はポップなナンバーも取り上げリラックスした演奏を展開するが、70年代になるとルーツに立ち返りビッグ・バンドで強力なスウィングを繰り広げた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版