>  >  >  > CLEMENTINE

CLEMENTINE

(クレモンティーヌ)

朝の涼風のように爽やかな歌声であり、ロマンチックな夜の甘い囁き声であり……。
コケティッシュでアンニュイなウィスパー・ヴォイスでパリに憧憬を抱く輩をくぎづけにし、パリ⇔東京を吹き抜けるサウダージの風になったクレモンティーヌ。フレンチを合言葉にジャズ/ポップ/ボサ・ノヴァのスパイスを効かせた音楽は、包み込むようなリズム/サウンドで聴く者を催眠術にかける。カフェのよく似合うお洒落な容姿にお茶目な小悪魔的魅力を漂わせ、行き交う人々を男女問わずメロメロにしてしまうパリジェンヌだ。そうそう、ちなみに名前の意味は「小さなおみかん」です。
ジョニー・グリフィンとの『コンティノン・ブリュー』、ベン・シドランとの『スプレッド・ユア・ウィングス』といったジャズの大物と共演した初期のアルバムからわかるように、彼女のジャズへの考察は深く、もともとはフレンチ・ジャズ・ヴォーカリストとして世に出現している。92年には井出靖プロデュースのもと、ポップス路線の『アン・プリヴェ〜東京の休暇』をリリース。立て続けに、モンド・グロッソをはじめとするクラブ・シーンのアーティストと共演した『ロン・コリエ』(93年)、インコグニートのブルーイ、エウミール・デオダートら大物プロデューサーと手を組んだ『イル・エ・エル〜彼らと彼女』(94年)といったフレンチ・ポップ3部作を発表。これらは、CFのタイ・アップも相まってスマッシュ・ヒットを飛ばし、日本での人気も不動のものとなる。
最近では、『クーラー・カフェ』(99年)、『レ・ヴォヤージュ』(00年)といったボサ・ノヴァ・アルバムをリリース。こちらも彼女の魅力満載のアルバムとなっている。また、等身大の彼女が母国を指南する著書『クレモンティーヌのフランス案内』を発表したり、フランシス・レイの名曲「男と女」のカバー・ヒットで映画のリバイバル上映を喚起したりと、音楽界だけではない多面的反響も及ぼしている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版