>  >  >  > Chuck Prophet

Chuck Prophet

(チャック・プロフィット)

80年代初頭、ペイズリー・アンダー・グラウンドの中心的バンド、グリーン・オン・レッドにギタリストとして参加。90年にはソロ・アルバム『Brother Aldo』を、わずか800ドルで制作する。カントリー・ロック色の強いこの作品では「男が女を愛するとき」で有名なスプーナー・オールダム(p)がバック・アップ。さらに、ステファニー・フィンチとのデュエットの相性も抜群で、90年代のグラム・パースンズ&エミルー・ハリスと謳われ、評判になる。92年にグリーン・オン・レッドを解散し、ソロ活動に集中できるようになった彼は、90年代にシンガー・ソングライターとしての名声を確立。97年にはジム・ディッキンソン、ビリー・スワン、ボブ・ニュウワ—スなど往年の名ソングライターたちとコラボレイトした『Homemade Blood』をリリースした。また、ルーツ志向でありながら、ループやターンテーブルなどを取り入れ、時代を反映した尖った音も創り出している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版