>  >  >  > Chicago Symphony Orchestraの情報

Chicago Symphony Orchestraの情報

(シカゴ・コウキョウガクダン)

1891年、指揮者セオドア・トーマスにより創設。「私に常設のオーケストラを与えてくれるなら、地獄に落ちてもかまわない」と、トーマスが地元の有力者に出資させた有名なエピソードもある。
個々の演奏家のレヴェルの高さと表現の枠の大きさで全米随一の評価を誇り、R.シュトラウスも客演しているほど。現代性という観点においては、ベルリン・フィル、ウィーン・フィルをはじめとするヨーロッパのオーケストラにも勝るといわれている。創設以来の伝統であるドイツ・オーストリア系の作品をを中心に1916年からは録音活動も始め、コロムビア、ビクター、デッカといったレーベルに精力的に作品を残している。また、現在はオーソドックスなものから現代曲までとレパートリーは幅広い。
首席指揮者はラファエル・クーベリック、フリッツ・ライナー、ゲオルグ・ショルティ、ダニエル・バレンボイムなどが歴任、客演にもジェームズ・レヴァイン、レナード・スラトキン、チョン・ミョンフンなどの著名指揮者が名を連ねている。

Chicago Symphony Orchestraの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版