>  >  >  > Chicの情報

Chicの情報

(シック)

70年代後半のアメリカにおけるディスコ・シーンの代表選手、それがシックだ。彼らのサウンドは粋でセクシー、そして滑らかで洗練されていた。——ナイル・ロジャースの斬新なリズム・ギターが織りなすファンキー・サウンドは、77年の「ダンス・ダンス・ダンス」を始めとする数々のスーパー・ヒット・ナンバーを生み出し、「グッド・タイムズ」は後にシュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・デライト」のベースにもなった。また、ナイル・ロジャースとベーシストのバーナード・エドワーズは、シスター・スレッジやダイアナ・ロス、その他膨大な数のアーティストたちをプロデュース。ディスコ・シーンが下火になってからもブロンディのデボラ・ハリーやデヴィッド・ボウイ、マドンナなどのヒット曲を手がけ、精力的な活動を見せた。
この上なくファンキーで大胆なダンス・ミュージックが好きな人は、ぜひとも99年リリースの『ライブ・アット・ブドーカン』をチェックして欲しい。スタジオで収録されたアルバムとはひと味もふた味も違うその熱いサウンドを聴けば、誰しもが一晩中踊りまくるに違いない。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版