>  >  >  > Charlotte Gainsbourg

Charlotte Gainsbourg

(シャルロット・ゲンズブール)

とびきりの美人というわけではないのに、ひどく印象に残る。娼婦のようなスレッからし風情と少女のような透明感が一人格に同居する不思議な魅力……。それもそのはずシャルロット・ゲンスブールは、セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンとの一粒種なのだ。
そんなシャルロットは女優活動がメインで、これまでに『なまいきシャルロット』『小さな泥棒』『ジェーン・エア』などに出演しているが、歌手としてはセルジュのアルバム『Love on the Beat』(84年)に収められた「Lemon Incest」が初お披露目。父娘で「愛してる」と囁きあう近親相姦スレスレのデュエットは社会的に物議を醸し出した。続いて86年には、父親全面バックアップのもと完全なるソロ・アルバム『Charlotte For Ever』を発表。シャルロットの官能的なウィスパー・ヴォイスをフィーチャーしたこの作品は、これぞフレンチ・ロリータの真髄といった感じで、悩ましくも美しい仕上がり。十八番の父娘デュエットも2曲収められている。
これ以降、彼女は歌手としての活動を封印してしまい、大女優への道を着実に歩むことになった。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版