>  >  >  > Charlie Feathers

Charlie Feathers

(チャーリー・フェザース)

マック・カーティスと共に<キング>の黄金時代を築いた正統ロカビリアン。チャーリーもマックと同じように、エルヴィスの出現を受けてカントリーからロカビリーに転向した1人だが、より濃厚にブラック・フィールを匂わせているのが最大の魅力だ。ヒーカップ、マンブリング唱法を取り入れるのはもちろんのこと、フェザースの場合、そこにディープ・ブルースを絡め、非常に泥臭い味わいがある。代表曲は、ストレイ・キャッツがカヴァーした「One Hand Loose」や「Bottle to the Baby」「Everybody’s Lovin’ My Baby」など。——彼もまた70年代のロカビリー・リヴァイヴァルで、レジェンドとしてリスペクトされた。
98年に他界。享年66歳。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版