>  >  >  > Cathedral

Cathedral

(カテドラル)

ブラック・サバスを源流とする一派、ドゥーム・メタルの最右翼。
91年、1st『Forest Of Equilibrium(邦題:この森の静寂の中で)』にてシーンに登場。「暗い重い遅い」の王道ドゥーム・サウンドを基本としつつも、プログレッシヴ・ロックやハードコアの要素を楽曲に取り込んだニュー・タイプ鋼鉄世界を作り上げ、大きな反響を呼んだ。以降、キャッチーな趣のヘヴィネスと実験性が交錯した意欲作を次々と発表。なかでも、94年の『The Ethereal Mirror(邦題:デカダンス)』、99年の『Caravan Beyond Redemption』は名盤中の名盤と、コア・メタル・ファンの間でも誉れ高い。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版