>  >  >  > cali≠gariの情報

cali≠gariの情報

(カリガリ)

“カリガリ”というグループ名からして神経を逆なでするような響き。ルックスは思いっきりヴィジュアル系である。ということは耽美派サウンドかと思いきや、確かにそうしたテイストを基調としながらも、そこかしこからポジ・パンやゴシックの匂いを強烈に漂わせる。どうやらただのヴィジュアル系と思ったら火傷しそうな危険思想の持ち主のようだ。

活動開始からメジャー・デビューする02年までの間、赤坂BLITZでのワンマン・ライヴなど既にメジャー・アーティストと同等レベルの集客力を持っていた時期にも、敢えてインディーズでの活動を行なっていた。メジャー・デビュー後、シングル/アルバムそれぞれ3作品をリリースするが、03年6月22日の日比谷野音ライヴ『青春特急、都へ!〜天国発野音行き〜』をもって突然の無期限活動休止に突入。

09年3月に開催されたムックの日本武道館公演ライヴで「≠」の記号とサイトURLのみが書かれたフライヤーを配布。ファンの中で再始動の期待も高まる中、09年4月1日に消費期限付き復活を遂げ、5月には活動休止6周年記念ベスト・アルバム『cali≠gariの世界』を発表。6月には、約6年ぶりのオリジナル音源となるシングル「9 -踏-編」「9 スクールゾーン編」を同時リリース、8月にはメジャー3rdアルバム『10』を発売するなど、精力的に活動をスタートさせている。

cali≠gariの記事
第8期cali≠gari、新たなステージへ 楽曲を再構築してみせた赤坂BLITZライブレポート
cali≠gari、新作ジャケットに「コロちゃん」起用 桜井青が愛情を爆発させた作品に
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版