>  >  >  > Cake

Cake

(ケーク)

アメリカ大陸横断の旅を敢行する際、とりあえず必要なものは何か? まずポンコツ車でしょ、あとオンボロ・ギターとワイルドなビーフ・ジャーキー、そして何よりも不可欠なのがケークのテープ(CD)である。巨大なグレイト・ディヴァイン、地の果てを予感させる広大な砂漠、特大ハンバーガー&Tボーン・ステーキ、トレーラー運転手との心温まる交流……そんなアメリカ原風景とケークの音楽は実に相性がいい。
彼らは、カントリー/ホンキートンク/ブルーグラス/スワンプ・ロック/ラテンといったアメリカ・オリエンティッドな音楽を現代的な解釈(ヒップホップ、オルタナ・ロックなど)で鳴らすのに成功している。その強烈にアグレッシヴかつ猛烈にノスタルジックな“音のカタマリ”に、すべてのロック・リスナーは瞬時にして心を奪われるであろう。なぜなら、そこには、偉大なるオリジネイターたちへのリスペクトの念、そして抜群の演奏力とセンスが裏づけるアツい音楽家“魂”が宿っているからだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版