>  >  >  > Cajmere

Cajmere

(カジミア)

DJスニーク/DJラッシュ/ポール・ジョンソン/グレン・アンダーグラウンド/ブー・ウィリアムスらを世に送りだし、90年代シカゴ・ハウスの勃興にもっとも貢献したレーベル<Cajual><Relief>の総帥、カジミア。
91年、シカゴ・ハウス第一世代の大御所リデル・タウンゼルがプロデュース参加した「Coffee Pot」にてデビュー。翌92年、女性ヴォーカリストDajaeとタッグを組んで放った「Brighter Days」が、ビルボード・ダンス・チャート第2位を獲得し、当時、低迷ぎみだったシカゴ・ハウス界に新たな息吹を与えた。同時に、テクノ志向の別名義グリーン・ヴェルヴェットとしても活動を開始。ゴスペル・ショウにおける牧師の熱い説教をサンプリングした「Preacher Man」は、プロモ段階で故ロン・ハーディが、正規盤はデリック・メイを始めとする大御所ハウス/テクノDJがプレイしまくり、全地球上のクラブを席巻する一大アンセムとなった。
ズ太いキックとシンセが唸り狂うドープで激しくマッドな巨根トラックスは、ファンク/ディスコの新解釈サウンドとして、ヨーロッパや日本のシーンでも熱狂的な支持を受けている。ヤワな白人や東洋人には決してマネのできないネチっこさ! そういや、<Relief>に所属するアーティストはみんなゲイだって誰か言ってたなぁ……。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版