> Buzzcocks

Buzzcocks

(バズコックス)

メロディック・パンクの最高峰バズコックスは、76年にピート・シェリー(vo&g)を中心にマンチェスターで結成された。77年には、パンク・ロック初の自主制作盤「スパイラル・スクラッチ」(EP)を発表。この事件は「パンクにおけるDIY精神」の記念すべきスタートとして、多くのパンクスの知るところである。同年、1stアルバム『アナザー・ミュージック』をリリース。「ファスト・カーズ」における怒涛のイントロダクション、「アイ・ドント・マインド」でのパワー・ポップ全開の激美味メロ、アブストラクト・パンクの決定版「パルスビート」など、聴きどころ満載だ。
計3枚のアルバムを残し解散。現在のメロコア・シーン並びにオルタナティヴ・シーンに、バズコックスほど甚大なる影響を及ぼしたグループが他にいただろうか。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版