> Bukka White

Bukka White

(ブッカ・ホワイト)

あのキース・リチャーズでさえ、ブッカ・ホワイトのようにオープンGチューニングのギターを弾きこなすことはできない。優雅さと卓越した技巧と時計職人ばりの器用さでネックの上を動き回るそのリズミカルな演奏スタイルは、未だに誰も模倣し得ていないのだ。30年代から40年代にかけての彼は、苦しみや痛みに彩られたデルタ・ブルースを歌っていた。それは辛い暮らしを語った悲しい言葉がふるえるような声で表現され、古いナショナル・スティール・ギターから弾き出される音色や叩きつけるようなリズムがそれを支えていくというものだった。60年代にブルース・リヴァイヴァルのブームが起こると、10年間の空白期間を置き、再び注目されることとなった。この時代にホワイトが歌ったブルースは若い音楽ファンにも親しみやすく受け入れられるもので、魅力的なライヴ・パフォーマンスは人気を博し、オーディエンスは魔法をかけられたように踊り狂ったものだった。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版