> Built To Spill

Built To Spill

(ビルト・トゥ・スピル)

大黒柱のダグ・マートッシュと、交互に入れ替わるラインナップが繰り出す、常にひねくれたポップ・サウンドと激しいギターは、インディーズ界の救世主として崇められた。
マートッシュのかすれた声はリスナーの涙を誘い、ライヴではプログレと言われるほど、曲中のサウンドは変形し、あらゆる楽器が折り重なる。この傾向が特に見られるのは、95年のアルバム『パーフェクト・フロム・ナウ・オン』に収録された楽曲だ。また近作の『キープ・イット・ライク・ア・シークレット』ではよりポップなグルーヴに焦点を当てながら、ビルト・トゥ・スピルのトレードマークである、ギターのメロディアスな“不調和音”をキープしている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版