> Bruce Haack

Bruce Haack

(ブルース・ハーク)

風変わりだが魅力的なブルース・ハークの世界は、シンセのメロディやサウンド・エフェクトの上に話し言葉やヴォーカルを面白く融合させたサウンドだ。子どものように短い集中力で働くハークは、断片的で道徳的な物語を生み出しているのだが、それらは決して解決したり結論に達することはなく、またその道徳とやらも明確には述べられない。彼の作品とは機械の世界のアンドロイドのための子守歌であり、キャンプの火のそばでボコーダーがある時に一緒に歌うのに最適な音楽なのである。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版