> Brook Benton

Brook Benton

(ブルック・ベントン)

ブルック・ベントンのバリトン・ヴォイスは、「彼の喉は絹に被われているに違いない」と思わせるほど美しく、滑らかなものだった。優雅な趣すらたたえたソウル・シンガーとして彼が世に出たのは50年代末のことである。マーキュリーのレーベル・メイトだったダイナ・ワシントンと違って、ベントンはあまりジャズを得意としていなかった。しばしばスタンダードは歌ったが、彼は純粋にリズム&ブルースを愛するシンガーであり、サム・クック同様、そのセクシーでソウルフルなサウンドはゴスペルに基礎を置いていたのた。そんなベントンにとって60年代後半の音楽シーンと歩調を合わせるのは難しいことだったが、70年に「レイニー・ナイト・イン・ジョージア」の心に深く滲みいるようなヴァージョンで驚異的なカムバックをはたしている。

Brook Bentonの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版