> Brian May

Brian May

(ブライアン・メイ)

クイーンのメンバーとしてロック史にその名を刻んだギタリスト。シンセサイザーばりの豊富な音色をギターで鳴らし、サウンドに多彩な色付けをしてグループのもつ可能性を拡げただけでなく、その音楽性にハード・ロックのエッセンスを持ち込んだ功績は忘れられない。あの一種独特なトーンは、16歳の時に父親と19世紀の暖炉を解体して作ったハンド・メイドのギターによるものである。
クイーン以前のプロフィールは、初めてシングルをリリースしたジ・アザーズ、ロジャー・テイラーと結成したクイーンの前身、スマイルなどがあり、どちらもビート〜サイケデリック・グループ。こうした活動を経てクイーンで大成功を収めるわけだが、初のソロ活動はクイーンが円熟期に入った80年代に、ブライアン・メイ&フレンズ名義でリリースされたミニ・アルバムが最初(ゲストにエディ・ヴァン・ヘイレンを迎えた)。そしてグループ解散後の93年に、初めての正式なオリジナル作品『Back to the Light』を発表する。その後は98年にジェフ・ベックをはじめとする豪華ゲストを迎えて制作された『Another World』をリリース。どちらもブライアンらしいハード・ロック・サウンドが存分に堪能できるだろう。他にもサウンドトラックを数多く制作しているが、珍品は87年の本田美奈子のシングル「クレイジー・ナイツ」。作詞/作曲/プロデュース/レコーディング参加までしているものの、リアルタイムではほとんど話題にならなかった。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版