> Boys Life

Boys Life

(ボーイズ・ライフ)

アメリカ・カンサス出身のエモバンド、「ボーイズ・ライフ」——そんなタイトルの映画がありそうだが(実際あったかも……)、どうにも胸キュンなバンド名である。青っちょろい少年たちが「いっちょバンドでもやってみっぺ」と自宅ガレージで爆音を振り撒く——というような朴訥とした図が思わず浮かびはしないだろうか。
このバンドの曲も、ある意味そのまんまといった風情。ノイジーなメロディと線は細いわりに力を感じさせるヴォーカル、転調を繰り返すことによって一つの形にようやく辿り着く危うさ……どれをとっても閉塞感を打破すべくがむしゃらに掻き鳴らされているような感じなのだ。「たどたどしい」と断罪することは簡単だが、そのたどたどしさがかもすエネルギーはバカにならないんじゃなかろうか。すでに解散してしまっているようだが、エモ・シーンはこのようなバンドがいたからこそ隆盛を極めているのかもしれない。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版