> BOΦWY

BOΦWY

(ボウイ)

80年代以降の日本音楽シーンに絶大な影響を及ぼしたグレイトなビートロック・バンド。GLAYやLUNA SEAなどミュージック・シーンを席捲したモンスター・バンドも、彼らの存在なしでは考えられなかっただろう。
81年、氷室京介(vo)と布袋寅泰(g)を中心に結成。「暴威」と名乗っていたことからもわかる通り、活動当初はニューウェイヴ/パンク色が濃厚であった。やがて、高橋まこと(dr)が新加入し、松井常松(b)との最強のリズム隊が誕生。82年には「BOΦWY」と改名して、アルバム『MORAL』でデビューを果たす。が、ライヴにおける定番ナンバー「NO N.Y.」や「イメージ・ダウン」など、佳曲揃いの秀逸な作品であったにもかかわらず、セールス的にはふるわなかった。しかし、85年に発表された3rdアルバム『BOΦWY』より、がらりと風向きが変わる。歌謡曲的なウェット感すら漂うメロディ、ストイックなまでにエッジの効いた8ビート・サウンドが明確化——そして、以降も『ジャスト・ア・ヒーロー』『ビート・エモーション』といった傑作を次々にリリース、絶大な人気を獲得していく。その性急なまでのタテノリ・ビートは、ロックに飢えたキッズの心を完全に掌握。とくに、布袋のシンプルでいて超メロディアスなギター・プレイは、多くの男子中高生がギターを手にするきっかけとなったといえよう。だがしかし、最高傑作と名高い『PSYCHOPATH』リリース後の88年、人気絶頂のさなか解散。7年にわたる熱い活動に終止符を打つ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版