> Blind Faith

Blind Faith

(ブラインド・フェイス)

60年代後半、スター・プレイヤーが集まってバンドを結成する——スーパー・グループが流行した。ブラインド・フェイスはその先駆け的存在である。クリーム解散後のエリック・クラプトンとジンジャー・ベイカー、トラフィックに在籍していたスティーヴ・ウィンウッド、そしてファミリーのリック・グレッチという面子で構成されたこのグループは、69年に『ブラインド・フェイス』でデビュー。クリームのメンバーが2人いたことから、バリバリのインプロヴィゼーションを期待したファンも多かったが、アルバムを通してイニシアチヴを取ったのは、ウィンウッド。ヴォーカル/ソングライティング/キーボードにと八面六臂の活躍をみせ、歌モノ中心のアーシーなロックを展開する。一方のクラプトンも、バッキングに徹すると共に、当時傾倒していた米国南部色の濃い「プレゼンス・オブ・ザ・ロード」という名曲を残した。
しかし、4番バッターが集まった野球チームが機能しないのと同じで、それぞれピンでも食えるスター同士のエゴはぶつかり合い、バンドは一年足らずで解散する羽目に……。その後、クラプトンは心酔していたデラニー&ボニーのツアーへ参加し、ウィンウッドはトラフィックに舞い戻った。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版