> Billy Paul

Billy Paul

(ビリー・ポール)

希代の不倫ソング「ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ」。ソウル・シンガー、ビリー・ポールはこの1曲で、現行R&Bシーンまでにもその名を留めている。<PHILADELPHIA INTERNATIONAL>に初のポップス/R&B両チャートNo.1という栄冠をもたらしたこの曲は、70年代におけるフィリー・ソウル隆盛の起爆剤にもなった。それくらいの影響力があったのである。
もともとはジャズ・シンガーを目指していたポールだが、高校の同級生であり<PHILADELPHIA INTERNATIONAL>の専属プロデューサー、ケニー・ギャンブルの勧めにより、ソウル・シンガーとして『エボニー・ウーマン』(70年)でデビューを果たす。そして、前述した「ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ」(72年)が超絶ブレイク。ギャンブル・ハフによる、ジャズ〜ポップ・ミュージックのテイストを取り入れたプロデュース仕事は、ポールのムーディな声の魅力を巧妙に引き出したのである。また、不倫/密会というそれまでタブー視されてきたテーマも、当時のミュージック・シーンにセンセーションを巻き起こすに充分なモノだった。以後この名曲は、ドラマティックス、フレディ・ジャクソンら多彩なアーティストたちによりカヴァーされている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版