> Big Punisher

Big Punisher

(ビッグ・パニッシャー)

ラップの達人であり、ラップ界のヒーローでもあるビッグ・パニッシャーは生前ヒップホップ界で大きく活躍したアーティストだ。また、他者とは比べがたい素晴らしいフロウとブレス・コントロールを誇った彼は、ラップ界全体のレヴェルを大きく引き上げた偉人でもある。
サウス・ブロンクスで生まれ育ったビッグ・パニッシャー(通称ビッグ・パン)は95年、ファット・ジョーの2作目『ジェラス・ワンズ・エンヴィ』に参加した。他、多くの客演を果たし、非常に優れたラッパーとして評判となる。97年、彼は最初のオフィシャル・リリースとなるシングル「アイム・ノット・ア・プレイヤー」を発表。パンお得意の軽妙な話術とセクシーなライムがソウルフルなトラックに乗せられたこのシングルは、たちまち大ヒットを記録した。
翌98年にはデビュー・アルバム『キャピタル・パニッシュメント』をリリース。RZAやジュ・ジュ、ショウビズといった豪華なメンツを揃えて放たれたこのアルバムは、ヒット・チャートを急速に駆け登り、ラテン系アメリカ人が発表したヒップホップ・アルバムとしては初めてプラチナム(そしてダブル・プラチナム)アルバムの栄冠に輝いた。続いて99年には、ジェニファー・ロペスやテラー・スクワッドなど、さまざまな人気アーティストと積極的にコラボレーションを成し遂げ、押しも押されぬヒット・メイカーとして人気を博した。
健康の衰えと肥満に悩まされていたビッグ・パンは00年の2月7日に他界した。だが、多くの人から思慕される彼に向けられた想いとその作品の素晴らしさは、人々の心のなかで活き活きとした輝きを放ち続けている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版