>  >  >  > Bessie Smithの情報

Bessie Smithの情報

(ベッシー・スミス)

ビリー・ホリデイ、ダイナ・ワシントン、マヘリア・ジャクソン……らが影響を受け、その後の黒人女性シンガーのルーツとなった巨星。そして堂々とした歌いっぷり、恰幅のいい体型。——まさに"ブルースの女帝"の名にふさわしい。
ベッシー・スミスが活躍したのは主に20年代。初期こそボードヴィル調のナンバーを披露していたが、徐々にブルースへ移行していき、後にスタンダードとなる「Nobody Knows You When You're Down and Out」「'Tain't Nobody's Bizness If I Do」などのヒットでポピュラリティを得る。建物を震わせるほどの声量を誇りながらも、力押しせず、細やかで感情のヒダにまで染み入る歌唱は、大恐慌時代に生きる人々の心をワシ掴みにした。その後33年まで200曲以上の録音を残すが、37年に自動車事故で他界。もし彼女がいなかったら、ブルースの歴史も変わっていたかもしれない。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版