>  >  >  > Berryz工房の情報

Berryz工房の情報

(ベリーズ・コウボウ)

清水佐紀、嗣永桃子、徳永千奈美、須藤茉麻、夏焼雅、熊井友理奈、菅谷梨沙子の7人からなるHello!Project所属のアイドルユニット。グループ名は“Berry(小さな果実)達が表現するさまざまな音楽をクリエイトする工房”を意味する。2004年発売のシングル「あなたなしでは生きてゆけない」でデビュー。ずば抜けた歌唱力とハイクオリティーなダンスパフォーマンスには定評があり、2007年にさいたまスーパーアリーナにて開催された『2007 桜満開 Berryz工房ライブ 〜この感動は二度とない瞬間である!〜』を開催。同会場で単独公演を実施したアーティストの最年少記録(平均年齢13.8歳)を樹立した。2008年の『第5回 アジアソングフェスティバル』にてアジア最高新人歌手賞、16thシングル「ジンギスカン」で第41回有線音楽賞を受賞。2013年3月に34枚目となるシングル「ゴールデン チャイナタウン/サヨナラ ウソつきの私」を発売し、同年11月に初の日本武道館単独公演を敢行する。近年は嗣永が“ももち”という愛称でバラエティー番組に出演するなど、メディア露出も急増している。

Berryz工房の記事
洋楽、邦楽、タイポップスも? ハロプロによるカバー楽曲を振り返る
ハロプロ秋ソングは全部で何曲? 四季のハロプロ楽曲(秋編)
ハロプロ夏ソングは全部で何曲? 四季のハロプロ楽曲(夏編)
氣志團、金爆、GLAY、ハロプロ、米米CLUB……日本独自の“振り文化”が定着した背景を探る
つんく♂の総合P“卒業”後、ハロプロはどう変化する? 節目の楽曲と次世代作家を分析
ハロプロメンバーを誰が一番多く撮っている? ソロ写真集185冊の常連カメラマンを検証
「うたちゃん」に始まり「うたちゃん」に終わる――2015年上半期ハロプロ重大ニュースを振り返る
ハロプロ演劇のディープな魅力とは 「脚本家・演出家」で総チェック
ハロプロ演劇のディープな魅力とは 「脚本家・演出家」で総チェック
アイドルとファッションの接点はどこにある? 新感覚のスタイルブック『POKER FACE』の挑戦
つんく♂が音楽家として築いてきたものーーこれまでの功績と今後への期待
Berryz工房、ファンと過ごした最後の4日間ーー幸福のスパイラルを生んだ終演に寄せて
Berryz工房が紡いできた音楽のグラデーション 全楽曲をジャンル分類で振り返る(後編)
Berryz工房が紡いできた音楽のグラデーション 全楽曲をジャンル分類で振り返る(前編)
Berryz工房が歩んだ11年のアイドル道ーー個性派集団はいかにして熱狂的支持を集めたか
Berryz工房の関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版