> Bentley Rhythm Ace

Bentley Rhythm Ace

(ベントレー・リズム・エース)

マイク・ストークスとリチャード・マーチ(元ポップ・ウィル・イート・イットセルフのベーシスト)の2人がイギリスのバーミンガムで結成。ビッグ・ビーツ・ムーヴメントの先駆者として97年にアルバム『ベントレー・リズム・エース』でデビュー。タイミングが早すぎてファット・ボーイ・スリムにキングの座は奪われたものの、そのサンプリング・センスには、思わずブッと吹き出さずにはいられない。というのも彼らの奏でる音楽には、シリアスな面が微塵もないのだ。ひたすらハッピー、頑なにハッピー! まるで、ファンク/サンバ/ボサ・ノヴァ/ハウス/ロックなど……ありとあらゆるリズムを混沌の真っ只中でジャグリングする、ジャグラーのようである。さらに突拍子もないタイミングでマヌケな音(まるでバラエティー番組の効果音)が味付けされたりしたら、もうそこはビッグ・ビーツ・サーカスだ。また、ライヴではドラマーやパーカッション担当を加え、徹底して生のダンス・グルーヴにこだわっている。——ダンス・ミュージックが本来持っている幸福感がそのまま彼らの個性であり、なおかつ「現実からの逃避」という機能も十二分に果たしている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版