>  >  >  > Benny Golsonの情報

Benny Golsonの情報

(ベニー・ゴルソン)

ベニー・ゴルソンはいつだってジャズ・シーンにおけるもっとも多芸に秀でた存在として知られていた。アート・ブレイキーやクリフォード・ブラウンとはテナー・サックス奏者として共演し、一方で映画やテレビのサウンドトラック・スコアを書き、またアニマルズのために曲のアレンジメントを手掛けたりもしている。彼の演奏、そして作曲/編曲のスタイルはどちらもスウィング期のサウンドにハード・バップの要素を融合したものだった。また、もっとも有名な作品はおそらく、かつてのボスに捧げた幻想的なエレジー「アイ・リメンバー・クリフォード」と、たまらなくファンキーな「キラー・ジョー」だろう。
ゴルソンは40年代にディジー・ガレスピーのためにアレンジを手掛けるようになり、60年代にはセッション界で引っ張りだこの存在となっていた。その洗練されたハード・バップは90年代に入ってから、それにふさわしい再評価をされるようになり、再び人気を博している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版