> BENNIE BECCA

BENNIE BECCA

(ベニー・ベッカ)

結成8年目に初めての長い休日を過ごしていたBENNIE Kが遂に活動を再開。09年8月、【BKプロジェクト】を立ち上げ、“最も進化した”音楽で“最高に心に響く”世界を描き始めた。自らの歌声を封印したYUKIはプロデュースに専念。そのプロジェクト第1弾アーティストとして、アメリカから女性ヴォーカリストBECCA(ベッカ)を迎え入れ、同年11月にBENNIE BECCA名義で1stシングル「Dreamer」をリリース。

そもそものキッカケは、08年7月に発売されたシンディ・ローパーのトリビュート・アルバム『We Love Cyndi‐Tribute to Cyndi Lauper‐』にBENNIE KとBECCAのそれぞれが参加したことだった。この必然とも言えるべき出会いが彼女達の歩むべき運命の時計を動かし始めた。BECCAはデビュー前から『SUMMER SONIC 08』に出演するなど、20歳にして日米で注目されるシンガーだ。そんな彼女がBENNIE Kからのラヴコールを即諾したことを機にBENNIE BECCAが誕生した。日本人フィメールユニット+アメリカ人女性アーティストとして初のアルバム制作も進行している。未来に向かい夢見ることを恐れない生き方を選んだBENNIE BECCAは、日本にもアメリカにもかつてなかった次元に進むカギを与えてくれるであろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版