> ばんばひろふみ

ばんばひろふみ

(バンバヒロフミ)

「いちご白書をもう一度」で知られるフォーク・グループ、バンバンの解散後、ばんばひろふみはソロ・アーティストとしての道を歩み始めた。そして79年、シングル「SACHIKO」をリリース。優しさ溢れる語り口で、娘もしくは恋人に、幸せのあり方をそっと説くようなこのナンバーは大ヒットを記録する。その後も「速達」(83年)など4年ごとにヒットを飛ばすため、”オリンピック・シンガー”(笑)なる異名も取った。
現在では、出身地である京都に根をおろし、歌手だけでなくラジオ・パーソナリティや司会としても活躍。関西地方では絶大な人気を誇っている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版