> Bad Brains

Bad Brains

(バッド・ブレインズ)

“黒人によるロック”という革命を起こしたバッド・ブレインズ。
77年にワシントンD.C.で結成され、79年から拠点をニューヨークへ移す。当初はジャズ/フュージョン・バンドとして活動していたが、折りからのロンドン・パンク・ムーヴメントの狂騒とともにパンク・ロックに接近。82年にリリースした1stアルバム『Bad Brains』では、ソリッドでスピード感あふれる曲とレゲエ・ソングを同次元でプレイするという独自のバンド・カラーを確立し、熱狂的な支持を集める。
「頭おかしいんじゃないの?」と毒を吐きたくなるほど超絶なテクニックを誇るドクター・ノウのギター。時に猛獣の咆哮のように低く、時に駿馬のギャロップのように軽快に響くダリルのベース。背中にもう二本ぐらい手が生えていると思わせるほど手数が多く正確無比なアール・ハドソンのドラム。そして、このバンドのカリスマ性を決定づけるH.R.の狂乱ヴォーカル。——強烈な個性/表現力のぶつかり合いによって生まれるサウンドは、セックス・ピストルズのパンク・スピリットとボブ・マーリィのラスタ・ヴァイヴを継承し、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンに代表されるミクスチャー勢に多大な影響を与えた。
メンバーの脱退/再加入を繰り返し、いつの間にか(?)ソウル・ブレインズと名前を変えてオリジナル・メンバーで活動している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版