> Bachman-Turner Overdrive

Bachman-Turner Overdrive

(バックマン・ターナー・オーヴァードライヴ)

カナディアン・ハード・ロックの雄。メンバー全員が元・木こり(笑)という触れ込みで登場したが、その正体は元ゲス・フーのランディ・バックマンが弟のロブと共に結成したグループである。73年のデビュー以来、パワフルかつダイナミックな正統派ハード・ロックでシーンを疾走し、4作目『Four Wheel Drive(四輪駆動)』(75年)で頂点を極めた。
彼らの場合、そのむさいルックスからマッチョイズム重視のバンドと思われがちだが、メロディ・メイカーとしても卓抜しており、「You Ain’t Seen Nothing Yet(恋のめまい)」「Roll On Down The Highway(ハイウェイをぶっとばせ!)」はヒット・チャートを制す。つまり男臭さと親しみやすさの同居が彼らの魅力であり、逆にそれがいわれのない低評価に繋がっているともいえるだろう。
バンドは70年代後半に解散してしまうが、81年に”BTO”名義で再出発。現在もクラブ・サーキットを中心に活動し続けている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版