>  >  >  > Alton Ellis

Alton Ellis

(アルトン・エリス)

初期スカ時代にデビューを飾り、コクソン・ドッド率いる<スタジオ・ワン>と、デューク・リードが誇る<トレジャー・アイル>の2大レーベルで、数多くのレコーディングを残したアルトン・エリス。”キング・オブ・ロック・ステディ”という異名を取った彼は、その名もずばり「ロック・ステディ」という曲を作り、スカ一辺倒だったジャマイカのミュージック・シーンを大きく変え、新たなるムーヴメント”ロック・ステディ”の名付け親的存在となったシンガーだ。
独特の澄み切ったスムース&ハイトーン・ヴォーカルで、歌のうまさに定評のあるアルトンは、デニス・ブラウンをはじめとする後のジャマイカン・シンガーらに多大な影響を与えた。妹のホーテンス・エリスもシンガーで、兄妹デュエットもレコーディングしているが、しっとりとしたラヴァーズ・テイストが好評だ。また、70年代以降はロンドンに活動の拠点を移し、ラヴァーズ・ロック・スタイルのリリースとプロデュースに取り組んでいる。
ちなみに、70年代に発表されたジャネット・ケイの「ラヴィング・ユー」も彼のプロデュースによるもの。これはミニー・リパートンのオリジナルにも引けを取らない仕上がりの必聴ヴァージョンだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版