>  >  >  > ACIDMANの情報

ACIDMANの情報

(アシッドマン)

埼玉県私立西武文理高校時代に出会い結成された3ピース・ロック・バンドACIDMAN。当時は4人組で結成され、受験休業を経て、大学進学後、下北沢を中心に97年ライヴ活動を開始。 99年のヴォーカル脱退、現在のメンバーである大木伸夫(vo&g)、佐藤雅俊(b)、浦山一悟(dr)の3ピース編成となる。

02年、「造花が笑う」「アレグロ」「赤橙」のシングル3枚連続リリースでメジャー・デビュー。同年10月には1stアルバム『創』を発表、スマッシュ・ヒットを飛ばす。パワーポップ/ガレージ/パンクのテイストを独自に昇華させたハイブリッドなロックンロールから、哀愁漂うメロディックなスロウ・ナンバーまで、いずれの楽曲にも美しい旋律が貫かれ、エモーショナルなヴォーカルも聴く者の魂を震わせる。
03年8月に発表した2ndアルバム『Loop』ではより深遠な音世界を構築し、04年9月には“あらゆる色の生命をイコールで繋ぐ”という、かつて無い壮大なテーマとその独創性が表現された3rdアルバム『equal』を発表。輪廻転生をコンセプトに作られた約14分にも及ぶ大作「彩‐SAI‐(前編)/廻る、巡る、その核へ」は、映像クリエイターである西郡勲がビデオ・クリップを手掛け、第8回文化庁メディア芸術祭では優秀賞を獲得した。
05年12月にリリースした4thアルバム『and world』を引っさげ、全国ライヴ・ツアー『and world』を敢行。06年7月、このツアー・ファイナルの模様を収録した自身初となるライヴDVDをリリース。音楽と映像のコラボレーションという新しい形でのライヴを行い、多くのロック・ファンを虜にした。そして07年2月に5thアルバム『green chord』を完成させ、5月にはACIDMAN史上初となる日本武道館にてオール・スタンディング形式のライヴを開催。ストイック過ぎるほどストイックで真摯なバンド姿勢ゆえ、一時は解散の危機にぶつかった彼らだが、08年4月に6thアルバム『LIFE』を、09年7月に7thアルバム『A beautiful greed』を発表するなど、現在は年1度のペースでアルバム・リリースを重ねている。

「音の力。詩の力。」「深淵・迷走・創造・騒々」——展開著しく、時に裏切り、時に平たん。静と動。スリーピースの可能性へ常に邁進している彼らは、成功を手中にしてもなお、ストイックなまでに己のバンド・サウンドの純度に磨きをかけ続けている。

ACIDMANの記事
ポルノ、アジカン、『のだめ』……NAOTOが生みだした、“ポップス”としてのバイオリンの楽しみ方
ACIDMAN、俳優・新井浩文が“父親を亡くした男”演じた「愛を両手に」MVフル公開
「音楽は“ジャンル”ではなく、“思想”なんだ」ACIDMANが届ける揺るぎないメッセージ
ACIDMAN、新井浩文が新曲「愛を両手に」MV出演 “父親を亡くした男”演じる
ACIDMAN、プロデューサーに小林武史を迎えたシングル『愛を両手に』リリース決定
ACIDMAN、新ビジュアル&シングル『最後の星』トレーラー映像公開
『KESEN ROCK FESTIVAL’16』第2弾出演アーティスト発表 BRAHMAN、アジカン、スカパラら計7組
04 Limited Sazabys、全国2マンツアー対バン発表 WANIMA、BIGMAMA、テナー、SiMら7組
SiM主催『DEAD POP FESTiVAL 2016』、第一弾出演者発表 スカパラ、WANIMA、04LSら10組が追加に
BRAHMAN、『尽未来祭』のタイムテーブルを発表 オープニングアクトにJOHNSONS MOTORCARが追加
YEN TOWN BAND、新曲コーラスにSalyu、miwa、クリープハイプ・尾崎、back number・清水、ACIDMAN大木が参加
イベント『InterFM897』で小林武史が一夜限りのオリジナル楽曲披露 追加出演者に桐嶋ノドカも
ROCK IN JAPAN FES.はなぜ拡大し続ける? 「ロック」概念の変化を通してレジーが考察
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版