>  >  >  > A Guy Called Geraldの情報

A Guy Called Geraldの情報

(ア・ガイ・コールド・ジェラルド)

UKアシッド・ハウスが隆盛を極めた80年代後期、ジェラルドは808ステイトに在籍『Pacific State』をヒットさせる。そして89年にソロ活動開始、アシッド・アンセムとなった「Voodoo Ray」でレイヴ・カルチャーを発狂させたのだ。
——90年代初頭、一時期デトロイトに滞在し、ホアン・アトキンスやデリック・メイのマシン・ソウルを学ぶ。彼の楽曲で聴かれるメロディの色彩や感触はまさにそれに起因するものだ。その後、160BPMのブレイク・ビーツに衝撃を受け、ドラムンベース街道をひた走り、95年に集大成といえる『Black Seclet Technology』を完成させた。原始的だがフューチャリスティックな空間を生み出すサウンドは、まるでDNAが新たな結合の瞬間を見せるかのようである。
彼は貪欲なまでにエレクトロニック・ミュージックの新しいスタイル/フォームを追い求め、前進し、常に前衛でありつづけるのだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版