>  >  > 福山雅治、「甲子園」配信リリース

福山雅治、NHK高校野球テーマ曲「甲子園」配信リリース ジャケットは少年時代のユニフォーム姿

関連タグ
福山雅治
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 福山雅治が、NHK高校野球テーマソング「甲子園」を8月27日よりデジタル配信リリースする。同曲は、8月5日より開幕した大会のNHK中継等でオンエアされている。

 「故郷への想い」「壁にぶつかった人へのエール」「家族愛」など、日本人が普遍的に大切にしてきたことを数多く伝えてきた福山雅治。高校野球を通して伝えたいと考えてきたことと一致したため、NHKが福山に楽曲制作をオファーしたという。

 また、今回ジャケット写真も併せて公開した。ジャケットは福山が小学校時代にソフトボールをやっていた当時の写真を使ってデザインされたものとなっている。

福山雅治コメント

楽曲について

「子供の頃からテレビ観戦していた伝統ある甲子園に、野球のイメージとはおよそかけ離れている僕が音楽で参加させていただけるとは夢にも思っていませんでした。
 小学校の頃はソフトボールでピッチャーを、中学校の3年間はブラスバンド部で過ごした経験がある僕からすると、甲子園という場所は、グラウンドもアルプススタンドも、憧れの全てが詰まっている場所です。
 ひたむきに戦う選手たち、声を枯らしながら声援を送る応援団の汗と涙。
 故郷長崎での少年時代、テレビで観戦しながら何度も心揺さぶられてきました。
 上京後は野球とはかけ離れた生活を送っていますが、甲子園の季節になると故郷長崎の出場校の勝敗は毎大会チェックしています。
 故郷、仲間、ひたむきさ。
 そして、すべての試合にある笑顔と涙。
 甲子園には、甲子園でしか表現することが出来ない感動があるように思います。
 いつまでも忘れられない、大人になってもずっと心の中で抱き続けている「青春の輝き」が。
 そんな「青春の輝き」を感じさせてくれる甲子園を、僕なりの音楽で表現できるよう頑張ります」

ジャケット写真について

「この写真はポラロイド写真で、一枚しかなく日付けもありません。推測では小学校4年生の頃かと。当時、僕の故郷長崎ではソフトボールが盛んでした。少年達の多くは当たり前のように野球選手になることに憧れてました。僕も周りの友達同様にプロ野球カードを集めていて、町内のソフトボールチームに入ってピッチャーをやっていました。その小学生の頃の憧れとは違いますが、今回こうやって音楽で野球に関われることをとても光栄に思っています。甲子園という場所は多くの人の憧れの場所ですが、「憧れは形を変えて叶うこともある」という僕の実体験から、この写真をジャケットに選びました」

「甲子園」

■リリース情報
「甲子園」
8月27日(月)よりデジタルリリース
ダウンロード(レコチョク、iTunes、他)
サブスクリプションサービス(Apple Music、LINE MUSIC、Spotify、AWA、Google Play、他)
ハイレゾ(レコチョク、mora、e-onkyo、他)

■関連リンク
NHK甲子園ホームページアドレス
福山雅治オフィシャルサイト
ユニバーサルミュージック福山雅治サイト

「福山雅治、NHK高校野球テーマ曲「甲子園」配信リリース ジャケットは少年時代のユニフォーム姿」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版