>  >  > オメでたのライブにある“人を思いやる心”

オメでたい頭でなによりのライブにある“人を思いやる心” Zepp DiverCity Tokyoワンマン振り返る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オメでたい頭でなにより(オメでた)が7月16日、Zepp DiverCity Tokyoにて行ったワンマンライブ『オメ道楽2018〜鯛獲るレコ発編〜本店』。日頃から“おもてなし精神”溢れるエンターテインメントを届けているオメでたのライブだが、本公演の会場はバンドにとっての現時点での最大キャパということもあり、特にそのおもてなしに力が入るライブとなった。

(写真=Yuto Fukada)

 開演前の場内では、赤飯(Vo)がMCを務める架空のラジオ番組『オールナイト会場』のオンエア、ダイブやモッシュが起こるフロア後方に設けられたゆっくり楽しみたい人たちのスペース「デリケートゾーン」には通常の給水所に加え、某居酒屋チェーンばりのアメニティグッズが完備。さらにロビーでは、“使用禁止”と謳われつつ売られるサイリウムの無人販売所が用意されていた。このサイリウムが今回のライブの一つのハイライトを生み出したことについてはのちほど記したい。

 2016年に活動を開始し、2018年春にシングル『鯛獲る』でメジャーデビューを果たしたオメでた。4月から6月にかけて全国をまわったレコ発ツアーは対バン形式で行われ、この日のワンマンライブでファイナルを迎えた。バックドロップシンデレラ、ベッド・イン、打首獄門同好会といったレコ発ツアーの対バンたちが登場するカウントダウン映像にフロアが沸くと、いよいよメンバーたちが姿を現す。法被風の新衣装に身を包み、初っ端から縦横無尽にステージを暴れまわる。

Arrow
Arrow
赤飯(写真=竹内光司)
ArrowArrow
Slider
 

 今回のライブにおいて特筆すべきは、流れるように進んでいく曲展開だった。メジャーデビュー曲「鯛獲る」からはじまり、「えんがちょ!」「憂き浮きウォッチング」というライブ定番曲で畳み掛け、この日オメでたのライブに初参加した人たちにむけた“ウェルカムフード”代わりの「wosushi〜ウォールオブ寿司〜」の披露。続く「海老振り屋」のタオル回しでは、紅白カラーのタオルの回転で大量の海老が現れたような圧巻の景色が広がった。銃声の音が響く「七夕リアン☆リターンズ」から「歌謡サスペンス劇場〜わたしがやりました〜」の入りにあった赤飯による柳沢慎吾風の警官&パトカーサイレンモノマネありのミニコント(?)など、細部にわたる演出も彼ら流のおもてなしである。

 ここでいよいよ、開演前に売られていたサイリウムの使用OKパートに突入。“七色の歌声”を持つと称される赤飯が愛らしいボーカルとデスボイスを使い分ける大塚愛のカバー「さくらんぼ」でフロアは一気にアイドル現場のような雰囲気に。楽曲のムードに合わせて交互に起こるコールとヘドバン。この異様な光景は、オメでたのライブでしか見ることができないものだろう。その流れからデビューシングル『鯛獲る』収録の“アイドルチューン”「推しごとメモリアル」へ。サビでは高い演奏力が要のぽにきんぐだむ(Gt/Vo)、324(Gt)、mao(Ba)、ミト充(Dr)が潔く演奏から離れて全力ダンス、そしてまた超絶技巧の演奏パートに戻る。メンバーたちの芸達者ぶりには目を見張るものがある。

 後半戦は、赤飯とぽにきんぐだむのボーカルの掛け合いがユニークな「ふわっふー」から幕を開けた。先ほどまでのキラキラした雰囲気から一変し、ダイバー続出のフロア。直近で誕生日を迎えたオーディエンスをステージに上げてみんなで祝った「VIVA!ハピバ」、ライブ中に壮大な“だるまさんが転んだ”が始まる「ダルマさんは転ばないっ」(合間には瞬時に終わる曲「湯冷ます」も)、巨大アヒルがフロアに放たれ、楽器隊本領発揮のソロパートの披露もあった「スーパー銭湯〜オメの湯〜」と、とにかく情報量の多いライブが展開されていった。

      

「オメでたい頭でなによりのライブにある“人を思いやる心” Zepp DiverCity Tokyoワンマン振り返る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版