>  >  > YUKIが歌う言葉の影響力を読む

YUKIの歌う言葉が人々の心を動かしていく 『あさイチ』テーマソングから女性への影響力を読む

関連タグ
YUKI
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YUKIが朝の情報番組『あさイチ』(NHK総合)に書き下ろした初のテーマソング「チャイム」が、6月25日、各主要音楽配信サイトで配信を開始した。2010年の番組スタート時から同局の朝の顔を務めてきたV6・井ノ原快彦、有働由美子アナウンサー、柳澤秀夫解説委員が今年の3月で番組を卒業。新キャスターに抜擢された博多華丸・大吉、近江友里恵アナウンサーが初出演を果たした4月2日、番組のオープニングで「チャイム」が初解禁された。これから始まる一日に勢いをつけるような疾走感が朝のBGMとしてもぴったりで、楽曲の全貌にふれるのを楽しみにしていた人も多いことだろう。

 各局で放送されている朝の情報番組の中でも、『あさイチ』は「朝ドラ受け」などの評判も相まって、女性の視聴者から多く支持を得ている印象だ。しかし、一口に女性といっても、通学・出勤前の学生や社会人、家族を送り出してひと息つく親世代など、年齢もライフスタイルも実にさまざま。そんな幅広い視聴者に響くテーマソングということを考えると、YUKIに白羽の矢が立ったこともうなずける。

 YUKIは昨年ソロデビュー15周年を迎えた。JUDY AND MARY時代から数えれば、そのキャリアは実に25年にも及ぶ。その間、YUKIは誰もが認める“憧れのアーティスト”として、常に時代をリードし続けている。

 ステージ上では先進的な衣装を、アーティスト写真ではモードからナチュラルまでを自在に着こなし、ファッションアイコンとしての不動の地位を確立。また、平野文子からシシ・ヤマザキまで多くのアートディレクターや芸術家とタッグを組みながら生み出したクリエイティブは、音楽シーンのみならず、カルチャーシーンにおいても大きなインパクトをもたらしてきた。直近でいえば、テレビアニメ『3月のライオン』(NHK総合)のオープニングテーマとして昨年11月に発表されたシングル曲「フラッグを立てろ」のMVには、映像ディレクターの田中秀幸が携わっている。濃いピンクのワンピースと紫のストレッチニーハイブーツをまとったYUKIが複数人登場する不思議な世界は、背景をフルCGで制作するという大掛かりな手法が用いられていた。

 作品ごとに新たな表現を提示しながら、楽曲の世界観を具体化させるーーそういったタイムレスな価値観で数々の作品を世に送り出しているYUKIだからこそ、同じ時間を共に歩んできたファンのみならず、感度の高い新世代からも注目を集め、女性アーティストのトップに君臨し続けているのだろう。あらゆる刺激を受けながら輝きを増し続けるYUKIの姿を見ていると、年齢を重ねることが素直に楽しみになる。これも多くの女性から“憧れ”とされる所以だ。

 さらに、ポジティブでユーモア溢れる感性、飾り気のない人柄と芯の強さを備えた“自立した女性像”もYUKIというアーティストを語る上では欠かせない要素の一つである。それを見事に表していると感じたのが『YUKI tour “MEGAPHONIC” 2011』で掲げられていた「Super elastic(伸縮自在)」「Super optimistic(楽観主義)」というキーワードだ。

〈不安は不安を呼び 人々の心に勝手に入り込んでくる。そうなら私は 安心を人々の心に入れ込みたい。やわらかい心と体。あたまももっと。衝撃にも耐えられる これがあたしの Super elastic〉〈いつも新しい心。笑いとばしたい 。今が最高なんだぜ。瞬間を食べていこう。Super optimistic〉(同ツアーより)

 YUKIから届けられる言葉には説得力と納得感があり、まるで人生訓のように、時として受け手である私たちの生き方や価値観を左右するほどのパワーを発する。そして、そのパワーは、YUKIが言葉を歌にして届けることで最大化される。YUKIが今年1月にリリースしたシングルコレクションアルバム『すてきな15才』の特設サイトには、ファンから寄せられた楽曲レビューが複数掲載されており、各々がその曲で印象に残っている言葉を挙げ、YUKIから受け取ったメッセージに感化されたと書かれている。YUKIは楽曲を通して、私たちが気づけていないこと、忘れかけていることをいつでも教えてくれるのだ。

 今回の新曲「チャイム」でも、〈「失くすもの」なんか何にもなかったのに/いつのまにか「守りたい」が増えていた〉〈若くもなく老いてもいない/だけど ドキドキがうるさい/不可能の定義は何だ?/ご褒美が欲しい〉といった、聴いているとついハッとするような、するどい言葉が並ぶ。そして、良いことも悪いことも起こる日々を全て飲み込んで、“大丈夫”だと言いきり、愛をもってさまざまな人とわかり合うことの重要性が説かれている。弾むようなリズムに乗せ、ハイトーンなボーカルで繰り出される清々しいメッセージは、日常を生き抜く糧として、リスナーに前に進む勇気を与えてくれる。時に悩んだり迷ったりしながらも、自らの進むべき道を歩んできたYUKIの音楽は、これからも同じように自らの道を歩もうとするすべての人々の心を動かしていく。

(文=久蔵千恵)

YUKI 『チャイム』(Official Lyric Video)
YUKI『チャイム』

 ■リリース情報
『チャイム』
(NHK「あさイチ」テーマソング)
6月25日(月)配信リリース

iTunes
レコチョク
mora
他配信サイト各社

YUKI Official Site

「YUKIの歌う言葉が人々の心を動かしていく 『あさイチ』テーマソングから女性への影響力を読む」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版