>  >  > 福山雅治の“挑戦的”なステージ

『FUKUYAMA MASAHARU DOME LIVE 2018 -暗闇の中で飛べ-』東京ドーム公演レポート

福山雅治、東京ドームで見せた挑戦的なステージ 柴 那典が新曲&未発表曲から最新モードに迫る

関連タグ
福山雅治
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 福山雅治が、5月27日、東京ドームにて『FUKUYAMA MASAHARU DOME LIVE 2018 -暗闇の中で飛べ-』ファイナル公演を行った。

 MCで彼自身が何度も「圧倒的ドーム感、圧倒的ファイナル感」と繰り返していたこのライブ。それは、ドームツアーのファイナルらしい壮麗なエンターテインメントでありながら、それ以上に“挑戦”を感じさせるものだった。

 なにせ、セットリストの多くを占めるのは新曲である。彼だけでなく、長いキャリアを持つアーティストのドーム公演と言えば、ヒット曲満載のサービス精神旺盛なセットリストを展開する構成が一般的だ。もしくはリリースされたばかりのアルバムを携えての内容になることも多い。

 が、この日の構成はどちらでもなかった。ここ最近、シングルCDやデジタル配信にて発表された新曲に加え、ツアータイトルにもなった「暗闇の中で飛べ」などの未発表曲も数多く披露する内容だ。しかも、それらの曲がステージ全体における大きなポイントになっていた。

 開演は17時。定刻を過ぎると、ギターバンジョーを手にした福山雅治が大歓声に迎えられて登場し、軽快なカッティングを披露しながらゆったりと花道を歩んでアリーナ中央のセンターステージに向かい「幸福論」を歌う。続くインストゥルメンタルナンバーの「vs.2013~知覚と快楽の螺旋~」では、ストラトキャスターに持ち替えた福山がギターを弾きまくり、キャプテン井上鑑(Key)を含めた凄腕のバンドメンバーが次々とソロを披露していく。歌だけでなく演奏陣をフィーチャーした演出だ。

 「僕のライブでは最大規模、全16名の分厚いサウンドでお届けします」とMCで福山は語る。ギター、ベース、ドラム、キーボードに加えて、パーカッション、ストリングス、ホーン隊、コーラス隊などが加わった大人数のバンド編成だ。

 序盤で代表曲の一つ「IT’S ONLY LOVE」に続けて披露したのは、シングル『聖域』のカップリングに収録された「jazzとHepburnと君と」、そして未発表曲「漂流せよ」。クイーカやギロなどパーカッションが耳をひく情熱的なメロディの「漂流せよ」は、「零 -ZERO-」にも通じるラテン調の楽曲だ。福山自身もガットギターのボディを叩いてリズムを作りパーカッシブなプレイを披露する。

 中盤は「虹」や「蜜柑色の夏休み」など、夏の歌を並べた展開。長崎の子供時代にさかのぼる自身のルーツを示す映像に続けての「クスノキ」、そして昨年の『NHK紅白歌合戦』でも歌った「トモエ学園」と、ピアノと弦楽四重奏のアレンジでしっとりとバラードナンバーを歌い上げる。

 ライブは後半へ。2001年に初めて行ったドームライブのオープニング曲「友よ」をセンターステージでアコースティックギターを抱えて歌い上げると、続いては「一つになりますよ! 東京!」と「HELLO」を披露。紙吹雪が舞いアリーナとスタンドの数万人に一体感をもたらす。

 そして印象的だったのは、そこからの展開だった。福山は再び新曲と未発表曲を続けざまに披露していく。

 まずは四つ打ちのビートと「♪Wow oh oh~」のコーラスが印象的な、ツアータイトルにもなっている「暗闇の中で飛べ」。オーディエンスがタオルを掲げ手拍子で盛り上げると、続いては『聖域』のカップリングに収録された、彼のギターヒーローとしての側面を見せるインストゥルメンタルナンバー「Humbucker vs. Single-coil」。ギブソンのレスポールを抱えた福山がソロを引き倒し、今剛、小倉博和というギタリストとフロントに並んで特攻の火花と共に派手なギターバトルを見せる。

      

「福山雅治、東京ドームで見せた挑戦的なステージ 柴 那典が新曲&未発表曲から最新モードに迫る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版